クリーニングトラブル対処法|トラブルの原因に合わせて解決!

クリーニングの仕組み

クリーニング

季節の移り変わりとともに、衣替えの前にクリーニングに出す人も多いですよね。それ以外でも、自宅では洗えない、自宅で洗うことに不安がある衣類は、定期的にクリーニング業者にお願いしている人も多いでしょう。やはり自宅でやる洗濯と、クリーニング業者でおこなう洗濯には違いがあります。ではどのように違うのでしょうか?クリーニングの仕組みについてご紹介します。

 

ドライクリーニングについて

ドライクリーニングは、水を使わずに駅油系やガソリン系の有機溶剤と専用洗剤で洗う方法です。水で洗うことができない衣類を洗うことができるので、クリーニング業者のクリーニング方法としては最も使われています。
油汚れなどはしっかりと落ちてくれるのですが、汗などの水溶性といわれる汚れは落ちにくいのが難点となっています。

 

ランドリークリーニングについて

一般的な家庭の洗濯機と同じ方法で、お湯と洗剤を入れて洗っています。実は使用する温度が大切で、大体60度ぐらいのお湯を使うため、汚れが落ちやすくなります。自宅ではお湯を使うといっても60度近いお湯を使用するのは大変なので、自宅では落とせなかった汚れも、ランドリークリーニングに出すことで落とすことができるでしょう。
こちらはドライクリーニングと反対で、汗など水溶性の汚れは落ちやすいですが、油汚れは落ちにくいです。

 

ウェットクリーニングについて

ドライクリーニングとランドリークリーニングを合わせたようなもので、ドライクリーニングをしてから水溶性の汚れも落とす、というような方法です。水溶性の汚れを落とすといっても、水に浸けるわけではなくミスト状の水を吹きかけるような方法なので、水洗いによるダメージを防げるでしょう。
どちらのメリットも合わせ持っている分、2回クリーニングするのと同じなので、クリーニング料金も高くなりやすいです。あらかじめ確認しておくと安心です。

 

最適なクリーニングの方法を探そう

クリーニング業者でも、様々なクリーニング方法が用いられています。またクリーニングだけではなく、染み抜きなどを行い、より衣類をいい状態で維持できるような手助けをしてくれるでしょう。特に最近は、宅配クリーニングの保管についての人気もあり、自宅で保管せずにクリーニング業者で預かり保管してもらうことで、次のシーズンまで衣類がいい状態で保管できる、というサービスも増えています。
クリーニング業者を利用する目的は、衣類を一番いい状態で維持することですよね。衣類にとって最適なクリーニング方法を見つけましょう。